肥満治療は北星クリニック

痩せたい30代の方々は肥満治療のカウンセリングを

現在の先進各国では、社会全体の若返りが顕著です。
かつての30代と今の現役世代とでは、趣味や趣向、そして体が全く別になりました。
有り体に言えば、最近の30代の方々は一昔前の20代前半並の体力と行動力を維持しています。
実際にスポーツ界でも20代がかつては限界だとされた競技においても、30代選手が主力を務めているのが現状です。
食べ物が良くなった事や社会全体の雰囲気が変わった事が、その要因になります。

ただし、30代以降は個人差はあれど、確実に基礎代謝は落ち込みます。
筋力はトレーニングによって維持出来ますが、いわゆる若い頃のようにガッツリ白米やパスタを食べてしまうと、
余分なカロリーが消費されず、そのままお腹のお肉になってしまうでしょう。
肥満治療は可能な限り、若い間に受けるのが賢明です。
まさに30代は肥満治療を受けるのに最適な年代であり、無理せず続ける事でメタボや成人病の予防が行えます。
40代になりますと流石に体力と基礎代謝の両方が減退しますので、肥満治療を始めるなら遅くても37、38歳がベストです。

痩せたい現役世代の方は、とりあえず身近な病院などで受けられる肥満治療のカウンセリングを受けましょう。
テレビ番組等でダイエット方法は多彩に紹介されていますが、俄仕込みの我流ではリバウンドのリスクがあります。
専門医は30代男女の痩せたい気持ちを丁寧に汲みとってくれます。
個人の体質やライフスタイルに応じた適切なプランを立案し、細かく指導してくれます。
場合によっては肥満治療薬の処方が受けられますので、医学的なアプローチで痩せたい方々にもカウンセリングは便利です。
30代の間に減量すれば、将来の高血圧や心臓疾患が予防出来ますので、
カウンセリングの費用は一種の投資として考えれば、最高のリスクマネジメントになります。